ヨンニッパをお借りして動画を撮った話

 こんにちは、三度の飯より動画好き?のSUMIZOONです。

 今回は友人のOrello Photography (@OrelloPhoto)氏のヨンニッパをお借りしてS1に付けて撮って見たという話です。

 使わせて頂いたのは氏が所有するEF400mmF2.8 L IS USMです。一般に販売されているF2.8の単焦点レンズの最大焦点距離は400mmまでです。つまりF2.8を使って撮れる望遠の限界がこの400mmとなります。(GH5Sに付けたら800mmF2.8という絵にはなるわけですが)

 少々このレンズは型が少々古いですが、解像度も動画撮影する上においては全く問題無しでした。同じ場所からの撮影でバリエーションが無いですが、下記の作例を貼っておきます。


LUMIX S1 meets 400mm F2.8

 てなわけでこのレンズが活かしどころはやはり夜の空港です。夕方になるのを待って千里川に出撃。いつものポジションに陣取って撮影を行いました。

 このレンズのレビューは他の方の記事をご覧頂きたいと思いますが、流石に元が高価なレンズだけあってシャープに映ります。光芒の形状は絞り羽が偶数枚なこともあってかなり大人しいですが、私が愛用していた400mF5.6L USMと似た光芒で好きな形状です。 

 ううむ。。。。欲しいぞヨンニッパ。。。どうせS1のボディ内手振れ補正使えばレンズ側の光学手振れ補正なんて不要だしAFはいらないし。解像度も5.9Kなら耐えるだろうし。。。(意味深発言だなこりゃ)手頃なIS無しのヨンニッパを物色しては想像を膨らませる毎日を送っております。(←アホ)

 ええい、とことん安いFD400mmF2.8Lを使うのもなんてもの手かもしれん。と思いましたがLマウントのレンズアダプタ出てないでしょうからねぇ。。。

 下記は動画からの切り出しです。故にSS1/30です。ISO感度は概ねISO12800で撮影しています。

 この設定でもこれだけ明るく撮れるってのはいいよなぁやっぱり。。。

f:id:sumizoon:20190910005859j:plain

f:id:sumizoon:20190910173336j:plain

 撮影は基本絞り値はF3.2です。当然開放だと光芒が出ないので1/3だけ開放から絞っています。 

 また、これだけ望遠で明るいF値を設定してますので以前書いたこの記事の撮り方が結構難しいんですよね。このF値だと離陸待機の状態から飛び立つ瞬間までの距離がピントの範囲内に入れられなくなるので少し撮影には工夫が必要かと思います。

sumizoon.hatenablog.com

 まぁそこらへんに関しては少し考えている事があるので、機会があればそのうちネタにしようかなと思います。ではでは。