とあるビデオグラファーの備忘録的ブログ

ビデオグラファーsumizoonのブログ 一眼動画に関する機材や撮影方法を中心に情報を発信していきます。

ビデオSALON 2020年3月号 特集は「写真」から「動画」へ

 定期購読しているビデオSAOLONですが、2020年3月号が発売されました。詳細を書いてしまうとマズいので特集の項目と概要について紹介したいと思います。

f:id:sumizoon:20200220232021j:plain

ビデオSALON 3月号

特集:「写真」から「動画」へ

 ビデオSALONは普段は、動画の撮影者の読者がほとんどだと思いますが、普段スチルを撮っている方に、そろそろ「動画」初めて見ない?と訴えかける特集タイトルです。動画撮影の主流が一眼にシフトした今、写真から動画の移行について陥りやすい落とし穴について分かりやすく紹介しています。

「良い写真」ってなんだろう、「良い動画って何だろう」

 ここでは写真家の公文健太郎氏の思いが語られています。詳しくは紹介しませんが(できませんが)この文章を読んでいて、動画を撮るからスチルに対する幅が広がる、スチルを撮るから動画(映像)の幅が広がると言う意識を改めて強めた次第です。私もスチル、動画両方を撮影する者として写真、動画でなければ撮れないモノについて改めて考えていくきっかけとなる文章だと思います。

動画制作事始め 〜これだけは頭に入れておこう〜

ともすれば、こうやって設定すればちゃんとした動画が撮れる、といった技術論を想像しがちなタイトルですが、流石にビデオSALONなので、とっかかりは動画を撮るマインド的な内容から紹介されています。

サブタイトルだけ紹介すると

基礎講座 Part1 動画を成功させる作業配分や作法を知る

動画の種類と難易度を理解する

動画制作でつまずくのはナゼ

スライドショーに陥らないために

途中でつまずかないための企画&構成の基礎

撮影の前にやっておくべきこと

ストーリーを作る/三段構成と起承転結

ドキュメンタリーに向き合う場合

つながる画を撮る

この様に基本的には技術論ではなく動画撮影、制作に関する心構え的な内容になっています。解説:小島真也氏(フォトグラファー&ビデオグラファー)

基礎講座Part2 スチル撮影とは違う動画撮影のためのカメラ操作と機材の基礎知識

カメラ選び

絞り

シャッタースピード

ISO

音関係

照明関係

三脚

外部モニター

スライダー・ジンバル

Part2では機材・設定を含む撮影技術に関する解説になっています。いずれも動画撮影に関しては必要な知識です。特にスチルから移行する際に陥りやすい撮影技術的な内容に関しても分かりやすく説明されていると思います。既にがっつり動画を撮っているハイアマクラス以上の方にはやや物足りない印象かもですが、例えばシャッタースピードとかって意識されない方も多いのでそこら辺を知りたい方は参考になると思います。

解説:柳下隆之氏(カメラマン) 

リエータ紹介

「写真から動画へ」を具現化したクリエータ6名のクリエータの考えについて記載されています。

高橋拡三氏:ハイブリッドなStill&Movieカメラマンへ

公文健太郎氏:あくまで写真家として動画の付加価値を

水谷伸之氏:自分しか撮れない何か、を追い続ける

雪森るな氏:制約と可能性に魅力を感じて表現手段に動画を選択

嶋田史郎氏:企業のなかで動画の発信力をフル活用

本橋成一氏:写真と動画の「これまで」そして「これから」

「動画制作」を成功に導く機材導入術

 ここでは動画制作以外の一般企業における動画マーケティングにおける機材導入事例に関して紹介されています。一般的に企業が営業活動に使用する動画は制作会社に外注するケースが現在は多いともいますが、5G時代に突入するに従って、爆発的に動画を営業活動で使用される未来が想像できます。故に、ある程度のクオリティであれば内製化すると言うのもありうる時代なのだと思います。

 

とりあえず、スチルはやってるけど、動画を初めて見ようかなと思っている方はこの本を手にとって動画を撮影するきっかけにしてみてはいかがでしょうか。

ビデオ SALON (サロン) 2020年 3月号

ビデオ SALON (サロン) 2020年 3月号

  • 作者: 
  • 出版社/メーカー: 玄光社
  • 発売日: 2020/02/20
  • メディア: 雑誌
  

Kindle版は1,210円(税込)で少し安いのでお勧めです。

10年前の名機GH2で撮って見た

 散歩のお供にスゲー古いカメラを持って行ってスナップ動画を撮るというものを時たまやりたくなるSUMIZOONです。

 以下は、グレーディング(という程度ではなく、少しトーカンカーブを弄った程度)して即日完パケた映像が下記になります。


10年前の名機GH2で撮って見た

ガチシネマカメラを超える評価を得たGH2とは何だったのか

 今の若い人はほとんど知る由もないですが、10年近く前に発売されたGH2は一眼動画の草分け的存在のマイクロフォーサーズカメラです。この機種に関しては以前にも記事にしていますが、ある意味ハックする事に夢中になった人もいれば、これでガチの映画まで撮った方々もおられます。また、当時これで撮られていたテレビドラマさえあります。

 その映像は2020年の現在でも色褪せる事はないと思っています。少し前に公開した↓も、驚いて頂いた方も多かったです。


Legend of GH2

 それもそのはず、このカメラはガチの制作用のARRI Alexaに対してZacuto主催のブラインドテストで勝ってしまったと言う「ホンマかいな?」と言う実績があります。当時私の映像関係の貴重な情報源だった黄色いブログにその解説が載っていますが、結果は下記の通りです。

http://www.raitank.jp/wp-content/uploads/2012/07/NoFilmSchool-Zacuto-Camera-Shootout-Results1.jpg

http://www.raitank.jp/archives/11964

 ご存知の通り(かどうか知らんけど)、ARRI Alexaは多くの劇場用映画が撮られていて、CMでもかなりの使用頻度で使われるガチの制作カメラです。それを押しのけて数万円のカメラがトップに立ってしまったと言うのは当時、動画界隈ではかなりザワついていたのを覚えています。グレーディングした結果なのでそもそも比べるのどうよ?と言う意見もありますが、条件によってはAlexaをも上回ってしまうポテンシャルも持っているとも言えます。

 尚、2度目のGH2購入時の価格は1万5千円です。場合によってはもっと安く買えます。

 今思うと、なんと言う無茶なブラインドテストしたんやと思います。軽自動車とフェラーリを同じサーキットで競争させて結果、軽自動車がトップでしたと言う。。。

 何はともあれ、ロマンを感じずにいられない珍事件だったのは間違いないです。

ハックすることで高画質化するバケモノ

 ちなみに今回の映像はFHDでのALL-Iフレーム150Mbpsという今現在発売されている一眼ですら搭載されていない様な高ビットレートによる撮影になります。まぁセンサ自身は解像度が無い古いモノですし、ダイナミックレンジも全然低いですが、ハックされていないGH2に比べたら全然情報量が違います。尚、標準ファームのビットレートは24MbpsですのでHacked GH2は6倍以上のデータ量を持つバケモノに進化します。ただし、この150Mbpsのプロファイルはかなりカードの要求スペックが高いので、ウチのV30のエキプロだと長尺撮影だと止まります。。。

f:id:sumizoon:20200216224825p:plain

これがフレーム解析したものです。全てイントラフレームで構成されているIntravenusIIというプロファイルを使用して撮影しています。

ハックの仕方は過去記事↓を参考にしてください。

sumizoon.hatenablog.com

かといって万能機では無い

 じゃあ、これでイマドキのカメラが撮れる映像が軒並み撮れるのか?と言われるとそんな事は無いと思います。(そりゃそうだよね。。)いくらバケモノ級のビットレートを持つからと言って元の解像度もダイナミックレンジもかなり劣るので、クリーンな映像を撮るには向かないです。特にグレーディングを前提にした素材を撮るなんてのは不向きです。(あくまで今どきのカメラに比べればです)

 また、動画撮影中のワンプッシュAFなんてものを機能しませんので、イマドキのGHシリーズに慣れた人に撮っては「こんなんで撮れるか!」っていうシロモノです。

じゃあなぜGH2を今、使うのか?

 じゃあ、なぜこれを使うのかというと、一つは男のロマンだからというしょーもないもの。もう一つがコレにしか撮れないなんとも味のある映像が撮れるからというものです。じゃあ、どんな映像なのか?というと私自身も明確な記載はできないのがもどかしい所なのです。

 ですが、私なりの考察として一つ言えるのは、このカメラはハイライト側のレンジが全く足りていないので白飛びを気にすると結果、かなりのアンダーで撮らざるを得ない事からこの味が発生しているのかなと思っています。ハイライトを気にするあまり撮った映像は軒並みアンダーになる事が多いのです。そして、それらアンダーで撮られた映像は絶妙に色乗りが悪いのです。悪いと言ってもこれが欠点というわけではなく、それが非常に渋く見えるという結果を招きます。

 一旦これがクセになると、なんか、これはこれでスゲーいいかも。。と思うようになります。(私だけかもしれんけど。。。)

f:id:sumizoon:20200217002908j:plain

 

一応参考までに 使用した機材のアマゾンリンク(アフィリエイトリンク)を貼っておきます。

 

 

 

EOS R5の画素数は4472万画素?

こんにちはSUMIZOONです。

今日のお昼に発表になったEOS5Rですが、その発表は動画ユーザーの予想の斜め上を行く発表でした。

cweb.canon.jp

 

発表概要

概要を書いておくと

・新開発フルサイズセンサ搭載(画素数はアナウンスされていない)

・電子シャッター使用時の連写枚数は秒間20コマ

・8K動画撮影可能

・ボディ内手振れ補正

・image.canonへ自動画像転送可能

・発売は2020年中(オリンピックには間に合わないとの噂)

というもので、これ以上の情報はありません。そして有効画素数もアナウンスはされていません。

 

ネット上での反応を見ている限り、クロップファクタや連続撮影時間はどのくらいなの?というつぶやきが結構見受けられますが、当然、これらに関して現段階ではメーカーは情報開示をしていません。画素数さえ分かればクロップファクタは予想は出来るんですけど、オープンになっていないんですよね。

素数は?

仮定①

これに関しては、仮に

・クロップファクターがx1.00

・ドットバイドット読出し

キヤノンがアナウンスしている8Kが7680x4320(16:9)

・センサは一般的な3:2アスペクト

という仮定をすると、最低の画素数が決定されます。分かりやすい様に下記にそのイメージを示すと、水平が7680Pix 垂直が5120Pixとなります。

f:id:sumizoon:20200213225008p:plain

つまり上記仮定の場合の有効画素数は39.3MPix (3932万画素)となります。アップコンでの8Kではきっと無いと思いますので、3932万画素が想定される最低限の画素数となります。

仮定②

また、同じ様な計算で

・クロップファクターがx1.00

・ドットバイドット読出し

キヤノンがアナウンスしている8Kが8192x4320(16:9)

・センサは一般的な3:2アスペクト

とした場合は4472万画素という事ができます。

f:id:sumizoon:20200213225853p:plain

 

あとはEOS R同様にドットバイドットクロップって可能性もありますが、そうなると45Mよりも多い画素数って事になるんですよね。なので仮定②の可能性が個人的には高いんじゃないかなと思っていま

8Kのフレームレートは?24pそれ以上?

 以前私は、下記の様な記事を書きました。エンジン的には7680x4320の30pセンサ読出しは11.12Gbps

1DX MarkⅢの4K60pのセンサ読出しビットレート10.57Gbps

つまり極端に8K30pのデータレートってのは1DX MarkⅢのそれと比べて極端に高いわけではなく、後段処理的には可能なのではないかと推測します。なのでエンジン的には8K30pは対応できる処理能力はありそう。ただし、センサ側が30pイケるのかってのは流石に何も情報がないので分かりません。

sumizoon.hatenablog.com

流石にフタを開けてみたら8K15pです。という可能性もゼロではないでしょうけど、スチルが20フレーム/秒をアナウンスしているので、最低でも20pはハード的に可能なので、15pって事は現実的に無いと思います。

 ビット深度がスチルよりも下げることで最低でも24pは実現するんでしょうけど、30pが対応するのかしないのかってのは気になるところです。

連続撮影時間は?

 これも正式にアナウンスされていません。が、S1Hが無制限の撮影時間を達成している事を考えると、ファンの存在が確認できないEOS R5の無制限記録が可能なのかは気になる所です。特にキヤノン初のBIS(ボディ内手振れ補正)が搭載されていますので、どこまでセンサの発熱を逃がすことが出来るのかってのは気になりますね。

f:id:sumizoon:20200213231534j:plain

https://global.canon/ja/news/2020/20200213.html キヤノンHPより

価格は?

 私の予想ですと、これだけぶっとんだ動画解像度を搭載しているので40万円台で発売されたら正直バーゲンプライスだと思います。が、8Kを搭載している点だけを鑑みると50万円は下らないかなぁと勝手に予想しています。

だいぶ先の発売なのになぜにこのタイミングでの発表?

 これはカメラユーザーが他社(特にソニー)へ流れるのを少しでも止めるために、少しでも早くアナウンスした感があるかなと思っています。特にスチルでの性能ってのは各社画素数以外では大きく差が出せないのが現状でしょう。そこで大きくスペックとして目立つ8Kというキーワードで「おお!」っと思わせる作戦で、他社に流れるのを少しでも止めたいという意図も含まれるかなと思っています。(かなり穿った見方かも^^)

 とは言え、カメラユーザーのほとんどはスチル目的なので、8Kというキーワードでどれだけユーザーが振り向くのかってのは気になるところです。(動画ユーザーは気になって仕方ないって方は多いと思いますけどね。)

 

  まぁ、前回の記事ではフェイクの可能性が高いかなぁと思っていたので今回も諸々の予想は外しているかもしれませんけどね。。。てなわけで、雑感でした。また次回!

 

 

自己紹介:SUMIZOON

一眼動画部主宰

STUDIO SUMIZOON Youtubeチャンネル運営

twitter.com

グローバルシャッター搭載の新しい4/3センサの読出しノイズが凄い?

少し前にグローバルシャッターについてあれこれ書きました。

  • 過去記事
  • Fairchild Imageingの新しい4/3センサ
  • カメラへの採用実績は?
  • URSA4.6Kよりもノイズが少ない
  • 再びBlackmagicがグローバルシャッター機を発表する日が来るのか?

↓これね

過去記事

sumizoon.hatenablog.com

で、下記の様にSONYのラインナップも現状4/3センサのグローバルシャッターがあるわけです。なぜミラーレスカメラに搭載されないかの推測については↑の記事を読んでくださいませ。

https://3.bp.blogspot.com/-gJVgejlRj7E/XhbyaBLMEXI/AAAAAAAAcw4/nI8qLIudzo4gBho-wgrwgfblwVSfDMNFACLcBGAsYHQ/s1600/Sony-1.JPG

で、ここから本題。

続きを読む

【Lightroomプリセット公開】S1H+S Pro 16-35mm F4

 こんにちはSUMIZOONです。先日S1HとS Pro 16-35mm F4で撮った写真のストレート現像と、現像後の比較を実験的に記事にしてみたいと思います。というか画像比較のスライダー実装テストなんですけどね。

続きを読む

カメラのキタムラなんばCity店に行ってきた

 「カメラのキタムラなんばCity店」は2020年1月31日にリニューアルオープンしたピカピカの店舗です。このお店は以前何度か伺ったことがあるのですが、品揃えがとにかく豊富で、おそらく全国のキタムラの中ではトップなのでは無いかと思います。

 最近はWEBで買い物をすることが多いですが、カメラを買う時はやはり実店舗で見て買うのが一番安心できると思います。

 で、リニューアル当日に早速お邪魔してきたので写真と共にレポートしたいと思います。(撮影に関しては事前に確認してOKとの事でした。)

  • 店舗の雰囲気
  • 新品カメラ・レンズコーナー
  • 中古カメラ・レンズコーナー
  • 写真プリントコーナー
  • 証明写真スタジオ
  • イカコーナー
  • ドローン・ジンバルコーナー&イベントサークル
  • フォトライフ、ムービーライフ提案型の店舗

店舗の雰囲気

 以前のキタムラなんばシティ店は品揃えは多かったものの雑然とした感じがあったのですが、なんとも居心地の良い空間になっています。右奥が「カメラ博物館」さながらのオールドカメラの展示がされていますが、このショーケースが表からも裏からも見える展示になってるため、空間の広がりを感じる店内になっていると思います。

f:id:sumizoon:20200131233409j:plain

高級感漂うお洒落な雰囲気の店舗
続きを読む

CANON EOS R5のスペックの噂と推測

何の事?と言うとコレです。

CANON Rumorsに掲載されたこの記事の事です。

  • CANON EOS R5のスペックの噂
  • この噂は現実的なのか?
  • じゃあ、本当に8K30p/4K120pをやってくるのか?
    • C500 MarkⅡと比べて
    • EOS 1DX MarkⅢと比べて
  • 普通に考えたらネタじゃね?
  • どこから出ている噂?
    • ①真実であるケース
    • ②情報ソースの無いまったくのデマ説

CANON EOS R5のスペックの噂

www.canonrumors.com

これに関してはご存知デジカメinfoさんが日本語訳で紹介しています。

digicame-info.com

キヤノンEOS R5のスペックに関する情報 - デジカメinfo

 

まぁ、動画野郎には動画スペックしか目に入ってこないわけでして、その動画に関わる「噂とされる」スペックを見てみると

・45MPix

・ボディ内手振れ補正(5段分)

・レンズ内補正との協調動作で最大8段分

・8K30p RAW

・4K120p

というもので発表はCP+前、発売は2020年6月

続きを読む

激安!SLR Magic8mmF4

先週書いたこのエントリですが、そうそうに中古の激安の玉が見つかったのと、ちょうど手元にポイントがあったので早速試してみました。

  • SLR Magic8mmF4が生えた
  • ちなみに8mmF4にピント合わせは不要
  • ピント合わせが不要だからこそのロックピン
  • 実写はyokoさんにお願いしてみた
  • 私がお願いしたこと
  • 実写
  • SNS程度では十分に使える解像度?
  • 他のマイクロフォーサーズの超広角レンズの選択肢

SLR Magic8mmF4が生えた

と表現しておきましょう。いや、ちょっと春にMFTの超広角を一本もっていないといけないお話を頂いたので早々に手に入れました。背景は下記エントリ読んでくださいまし。

結構中華製品はレビュー案件がありますが、今回のコレは全く案件とはカンケーないレンズです。(いつもの案件も、お金は頂いていないですし、いつも正直にレビューはしていますが...)

f:id:sumizoon:20200126234225j:plain
f:id:sumizoon:20200126234239j:plain
新品で買っても2万円。だがしかし、意外とビルドクオリティは高い

簡単に概要を説明すると、このレンズは

・8mmF4(最大絞りF16)

マイクロフォーサーズ

・フィルタ径43mm(レンズプロテクター付属)

・お値段2万円ちょい

そして、大きさがとにかく小さい。GX7MK2に付けた場合の大きさからして、これでちゃんと写るの?という気がする。

続きを読む

グローバルシャッターはとっくに実用化されている

ほんとは、カメラにまつわる勘違いシリーズってのを書こうともっていたのですが、グローバルシャッターについて書き出したらあまりのボリュームになってしまったので、これについて少し書いてみたいと思います。私なりの理解なので、他のサイトも調べてみることをお勧めします。

  • グローバルシャッターは実用化されている。
  • CMOSセンサの読み出し方法
  • CMOSグローバルシャッターの実現方法
  • グローバルシャッターを実現しようとしたBlackmagic URSA Mini4.6K
  • グローバルシャッターをアピールしたF55
  • グローバルシャッターがデジカメに搭載される日は来るのか?

グローバルシャッターは実用化されている。

 デジカメスチルカメラ以外に目を向けるとグローバルシャッター搭載のイメージセンサはかなり前から実用化されています。そもそもCMOS以前のCCDはグローバルシャッターですし、CMOSでも産業用途にはグローバルシャッターのセンサが多く実用化されています。例えばSONYのマシンビジョン用イメージセンサ(産業用途)のPregiusシリーズはほぼ全ての品種でグローバルシャッターを搭載しています。(下図の1品種だけグローバルシャッターでは無い様です。)

 

https://3.bp.blogspot.com/-gJVgejlRj7E/XhbyaBLMEXI/AAAAAAAAcw4/nI8qLIudzo4gBho-wgrwgfblwVSfDMNFACLcBGAsYHQ/s1600/Sony-1.JPG

http://image-sensors-world.blogspot.com/2020/01/sony-announces-274um-gs-products-58um.html Image Snsors Worldより

続きを読む

SLR Magic 8 mm f / 4.0は LUMIX G Vario 7-14mmF4の代わりになるのか?

マイクロフォーサーズ用の8mmレンズが最近気になっています。というのも。。。

LUMIX G VARIO 7-14mm F4を手放した

 というのもウチはフルサイズ移行のためにかなりのマイクロフォーサーズ用のレンズを売却してしまって昔使っていた7-14mmを手放したからです。

↓これは非常のシャープに映るレンズで私の大のお気に入りレンズの一つでした。じゃあ手放すなよ!と言われそうですが。。。

 とにかく、このレンズ(LUMIX G VARIO 7-14mm F4)はスチル用としてはかなり使い込んだレンズの一本で、昔の写真を見返すとこのレンズで撮った写真がやたら多いのです。ついでに何枚か作例をFlickrにアップしたので貼っておきます。 もう六年ほど前の写真です。

P1030481.jpg LUMIX GX7 + LUMIX G VARIO 7-14mm F4

続きを読む

発表間近?GH6のスペックの噂に思うこと

まぁ、定期的に出るこの手の話。。。

  • GH6の発表は近いのか?
  • いつ出るのか?私なりの予想
  • 3月の発売説に関して
  • GHシリーズの製品サイクル
  • 常に新テクノロジを投入するGH
  • じゃあ結局いつだと思うのか?

GH6の発表は近いのか?

 少し前に下記の動画が投稿されていましたが、個人的に全く根拠がないんじゃないかなと思っています。というか、これって動画をアップされている方には申し訳ないですが、完全に再生数稼ぎの動画に見えてしまいました。スペック表にソースを表示しているものの、投稿者自身の名前を書いているので。。。(ソースは俺だというスタンスはちょっとずっこけました)


Panasonic GH6 Specifications - Release Soon!

 この動画によるとGH6は8K 30p/6Kアナモ/4K 10bit 4:2:2 30p / デュアルSDカード/DFD/FHD 180fps / 4K60pによるスロー / 400Mbpsというもので発表は2月で発売は3月と言っています。

続きを読む

S1H 孤高の変態カメラレビュー④スポット輝度メーター編

 こんにちはSUMIZOONです。

 少し間が空いてしまいましたがS1Hのレビューの続きを書きます。
本来は順番からすると手振れ補正編なのですが、2つ飛ばしてスポット輝度メーターについて紹介します。

 このスポット輝度メーターが何をするものなのかというとまぁ下の動画を見て頂いた方が早いと思います。

 


S1Hレビュー 3-4【便利!スポット輝度メーター】

続きを読む

DaVinci Resolveで役立つYoutubeチャンネル

 こんにちはSUMIZOONです。

 タイトルは「DaVinci Resolveで役立つYoutubeチャンネル」としていますが、かなり独断と偏見が入っているかもしれません。私のYoutubeチャンネルの一部を単純に紹介するというものです。

f:id:sumizoon:20200109005927p:plain

続きを読む

動画機としてのEOS 1D X MarkⅢを考察する

 本日2020年1月7日、キヤノンから発表になったEOS 1D X MarkⅢについて書きます。

 まだ触ったわけでもないし発売もされてもいない事をスペックを見ながらアレコレ妄想して書くだけのエントリです。尚、発売は2月中旬となっています。

https://cweb.canon.jp/eos/shared/image/keyvisual/eos1dxmk3-750x370-wide.jpg

https://cweb.canon.jp/eos/lineup/1dxmk3/

 ↑の「誰も見たことのない世界へ。」とは毎度そそるキャッチコピー考えるなぁと思います。

続きを読む