とあるビデオグラファーの備忘録的ブログ

ビデオグラファーsumizoonのブログ 一眼動画に関する機材や撮影方法を中心に情報を発信していきます。

TTArtisan 11mm F2.8という激安魚眼が真っ当なレンズだった件

TTArtisan 11mm F2.8は以前Lマウントカメラ情報局に気になるレンズとして記載しました。 l-mount.hatenadiary.jp とにかく安いフィッシュアイとして紹介しましたが、キャッシュレスポイント還元の最終日に魔が差したのか、ポチってみました。 結果、この値段…

実売2万円前半 Xiaomi Redmi Note9Sのカメラ画質は如何に

本当はもうちょっと高い高性能スマホを買う予定だったのですが、最近のスマホの進化が激しいおかげでなかなか買い時が難しくて、この数か月買い時を逃していた私です。と言うかHuawei Mate9を長年使ってきたのですが、少し前にカメラがぶっ壊れましたので、…

SIGMAからAPS-Cセンサ搭載Lマウントカメラは出るのか?

Lマウントカメラ情報局に記載したこの記事について書いてみようと思います。 というかシグマからAPS-Cイメージサークルの単焦点3本が発売されるにあたって、勝手な予想をするという内容のものです。なのでソース無しの妄想記事ですので、その点ご了承くださ…

知らないと恥をかく?カメラにまつわる勘違い

カメラを長い事やっていると勘違いに出くわします。私もその昔、勘違いしてたものも含めて記載したいと思います。メモした順番で紹介します。 以前書こうとしていて途中まで書いていたのを武川さんの動画を見てて、思い出しました。 【回折←読めますか?】間…

QooCam8K SuperHDRを試してみた。

先日QooCam8Kファームウェア及びiOSのQooCamアプリがアップデートされてSuperHDR撮影機能が使える様になりました。今回は動画じゃなくスチル関連記事となります。 SuperHDR撮影機能とは SuperHDR撮影機能はQooCam8K本体で「同一の露出x8枚」x 3露出(-3EV/0E…

GH5Sにタリーランプを外付けする猛者ついに現る

少し前に、「S1HにはREC信号が出力されるという仕掛けがされていて、これを使って外付けタリーランプを実現する。」という下記記事を記載いたしました。 今回はGH5Sのタリ―ランプのお話 sumizoon.hatenablog.com GH5SでもREC中信号が取り出せる 上記記事にあ…

映画が勝手にヌルヌル変換されるテレビは嫌だ。

テレビで放映されている映画を見ていて、その映像に違和感を覚えたことはないでしょうか?映像をやっている人は別にして、これに共感できる人は残念ながら意外と少ないです。 ご存じの様にほとんどすべての映画は24fps(24コマ)で上映されています。なぜ24f…

【魔改造・ハック】S1H 外付けタリ―ランプの実装

S1Hの外付けタリー実装。世界初のネタかも? LUMIX S1Hのタリ―ランプを外付けできる機能を確認しましたので記載したいと思います。 ただし、試される方は自己責任でお願いいたします。申し訳ありませんが、このネタを真似てS1Hにいかなる損傷が発生しても当…

個人的NINJA Vショックその2

昨日書いたこの記事。 sumizoon.hatenablog.com これに続いて、NINJA Vショックというべき事実をお友達のトモさんが教えてくれました。。 私が買って以前紹介したこのSanDisk Ultra 3D SSDの話。 別に、これが悪いとかそういう話じゃないです。 そもそもコレ…

ATOMOS Ninja Vがキャンペーンで安くなる! というか既に安くなってる...(個人的NINJA Vショックその1)

// ATOMOS NINJA Vがキャンペーン期間中に安くなると言う話。 キャンペーン期間は2020年5月29日(金)~2020年6月30日(火) ※在庫無くなり次第終了 と言うもの。さてどこまで安くなるのかは謎ではあります。 ご存じの様にNINJA Vは5インチの高輝度外部モニタ兼…

ProResRAWを撮るためのSSD ATOMOS Ninja V推奨メディア

S1HのProResRAWアップデートは少しの間お預けになりましたが、待ってる間にProResRAWを撮る・編集するための環境について考えていきたいと思います。 https://www.atomos-japan.com/products/ninja-v 何がなくとも必要な機材はS1H/ATOMOS Ninja Vなのですが…

10分工作で前ボケ道具を作る

普段はサラリーマンの私ですが、在宅ワーク生活も早3カ月。仕事が終わっても通勤時間がないせいで意外と自由に使える時間が増えました。とは言え外に出て撮影は今はしにくいので、こんなものを作ったという話。 道具というにはおこがましいほどたいしたこと…

QooCam Studioアップデート

QooCam StudioがV2.1.0.6にアップデートされました。 QooCamとはなんぞやという方はこちらをどうぞ。 sumizoon.hatenablog.com V2.1.0.6_Only Win2020-05-14リリースノート QooCamStudioVer2でのビットレートは? エンコード(ステッチング処理&書き出し)…

HDMIケーブルからの解放 HOLLYLAND MARS400S

// ワイヤレスビデオ伝送システムであるHOLLYLANDのMARS400Sをこの数週間試しました。結果的に、撮影だけでなく動画の編集時やプレビューなどかなりの場面で使えると感じました。HDMIケーブルから解放されたら便利だろうなぁと漠然と思ってはいましたが、ワ…

70万オーバー!? EOS R5の値段に関する噂と考察

EOS R5は日本円で70万オーバー! PhotoRumorに掲載されたこの記事 販売店の価格が掲載されておりその価格は10,499オーストラリアドルというもの。 噂のソース これが嘘だとしたら何のため? これが本当だとすると価格は妥当なのか? Z-Cam E2 8K Kinefinity …