Huawei Mate 30 Proの動画性能が凄い

こんにちは、三度の飯よりカメラ好き?のSUMIZOONです。

とりあえず気になっていたHUAWEI Mate 30 Proが発表になったので少し記事を書きたいと思います。

外観やら、OLEDディスプレイやらいろいろ発表内容はありますが、私としてはそこには興味はなく(ディスプレイのDCI-P3 HDR対応とかは嬉しいですけど)リアカメラ、特に動画にフォーカスして書いていきたいと思います。

リアカメラ構成

40MP 1/1.54インチ3:2アスペクト RGGBオンチップフィルタ(18mm f1.8)

40MP 1/1.7インチ 4:3アスペクト RYYBオンチップフィルタ(27mm f1.6 OIS)

8MP(80mm f2.4 OIS)

f:id:sumizoon:20190919223500j:plain

Huawei

とにかく40MPのセンサはスマホとしてはかなり大きい部類です。双方クアッドベイヤ構成だと思いますので実質的には10MPの解像度だとは思いますが必要にして十分な解像度だと思います。おそらくクアッドベイヤにすることでクアッドピクセル間での露光調整を行うHDR合成でダイナミックレンジを拡張するという技術が使われていると想像します。

https://assets.media-platform.com/gizmodo/dist/images/2019/09/19/Mate30_2019-9-19_21-36-32_No-00-w1280.jpg

Huawei

前記の3構成に加え距離センサを搭載。尚、静止画でのISO感度は409600

動画性能

私的に気になるのは動画性能です。概要は下記の写真に表れています。

f:id:sumizoon:20190919222550j:plain

Huawei

4K60p

 Huaweiの端末は4K60pの搭載が遅れていたのですが、今回は4K60p撮影が可能になっています。これで4Kの綺麗な50%スローが撮れるようになりました。待ってました!(って日本で買えるのかわからんけど)

 60pが撮れると何がよいかっていうと一つはヌルヌルに撮れるってのがあります。ですが、私的には30pもしくは24pで動画を仕上げる人間なので、60pで撮って50%もしくは40%としてスロー動画にする使い方が出来るようになります。私が普段4K60pを使うのはそのためですが、それがHuaweiの端末でも出来るようになります。

ISO51200

マジで?これスマホだよ?という設定です。動画の場合は静止画と違って大きくISO感度が挙げられない機種が多い中で51200ってすごいです。

f:id:sumizoon:20190919225929j:plain

とは言え高感度設定時の画質は実機を確認しないと分かりません。設定できるってのと使えるのは別ですからね。ですがラージフォーマットの一眼動画でも設定できないカメラが多いことを考えるとこれを設定できること自体が凄いです。そもそもフルサイズのガチのミラーレス一眼でも動画のISO上限が51200というのが一般です。

 センサ自体は一眼に比べると小さいので、もし、これが使えるレベルの映像ってことになるとすると後処理(AI)によるノイズ処理が相当優秀という事になります。

4KHDR+

当然HDRに対応です。

Dual OIS + AIS

Dualが二つのカメラ(センサ)の事を差しているのか、それともレンズ補正+センサシフトの事を差しているのかってのが気になります。

7680fpsのスーパースローがエグイ

 7680fpsがHD撮影可能これがクロップなのかどうか、連続撮影時間は不明

まぁ実時間で1秒撮影したとしても30p再生したら256秒かかるんですよね。

1秒間撮影したものを見るのにかかる時間が4分

そういうとんでもないフレームレートが7680fpsです。実際にはスーパースローの実撮影時間はDRAMの容量に依存してるはずなので再生時間として数秒、スーパースローとしての実撮影時間はかなり短いと思います。でもこれが出来ると今まで撮れなかったものが撮れるわけでして、使い勝手も含めて非常に気になる部分です。

 っていうかこれカメラアプリとしてどういうインターフェースで撮るのか、再生はどういったインターフェースで見せるのかってのは興味があります。なにせ1秒が4分すよ。。(7680fpsの設定だと1秒も撮れないとは思いますが、撮影時間を含めて詳細が知りたいですね)

 噂が出た時にはAI的な960fpsの8倍補完処理(いわゆるオプティカルフロー的な処理)をした疑似7680fpsなんだろうと思っていたのですが、発表会の様子を見る限りはそんな事は一切言っていませんでした。ってことは力業で本当にこの性能を達成しているってことなんでしょうか。恐ろしすぎる。。。

 しかもこれを見てると背景がめっちゃボケているんですよね。光学性能的には絶対ここまではボケないので、つまりはリアルタイムのボケ処理がスーパースローでも出来るということに思えます。(まさか他のカメラで撮りましたってことはないでしょうし元の動画を見るとちゃんと右下にはTaken with HUAWEI Mate30 proって書いました。 )

f:id:sumizoon:20190919224601j:plain

Huawei

あとは7680fpsって一言にいいますが、1秒間に撮影するコマ数が7680枚という事は、少なくともシャッタースピードは1/8000相当になるので相当明るい所じゃないと露出不足になるはずです。

 カメラをやっている方ならお分かりだとは思いますが、日中であっても通常感度で1/8000でシャッター切ったらよほど明るいレンズを使わない限りは露出が不足します。

f:id:sumizoon:20190919231804j:plain

Huawei
上は1,000万円を超える業務用スーパースローカメラとの比較をだして紹介していますが、両者とも相当な照明を焚いた状態で撮影されていると想像しています。(光を発する爆発物を被写体にしたのはそのためかなと)なので低ISOで綺麗に撮りたいなら日中屋外での撮影もしくは室内であれば照明ガンガンにして撮る事になるとは思います。

※この作例は1920fpsで撮影されてるっぽいです。

とは言え試してみたい。。。。

動画でもボケる

日本が世界に誇る単語「ボケ(Bokeh)」です。浅い被写界深度を再現する動画でのリアルタイム処理ボケ表現が可能な様です。

f:id:sumizoon:20190919224718j:plain

Huawei

オリジナルの動画をご覧いただくと若干不自然?って気もしないではないですが、背景は見事にボケている様です。(おそらく違和感は人物全体がピントがあっているためで、なだらかなボケに見えないためだと思われます。)

f:id:sumizoon:20190919224641j:plain

Huawei

でも、これすげーです。使ってみたい。。。

OSMO MOBILE3との連携

おお、そう来るかというのがこれ。DJIのOSMO MOBILE 3との連携が出来ますよという話。おそらく一般のスマホで使うより連携が簡単なのだと思われます。

結構スマホとジンバルの連携ってのは面倒で、Bluetoothが切れたりうまくコントロールできない事が多いのですが、公式にアナウンスされているのでその点は安心できそうです。

f:id:sumizoon:20190919225127j:plain

Huawei

おそらくRec開始、停止なんてのは当然できるとしてズームやちょっとした設定変更もOSMO MOBILE3側でのコントロールが出来るのではないかと思われます。詳細を知りたい所です。

てか日本で発売されるのか?

と、下記ながら分からないんですけどどうなんですかね。そもそも日本で技適取るんですかね?とにかく今のHuawei Mate9がいい加減くたびれてきたので買い替えたいんですよね。。。あれこれGoogleアプリの事を書かれていますが、アプリは自前で入れればOKすよね?

発表会の模様

動画のオリジナルは下記をご覧ください。


HUAWEI Mate30 Series Global Launch

 

追伸

 お陰様でYoutubeの私のチャンネルが5年の歳月がを経て、先日登録者1万人突破致しました。登録頂いている皆様ありがとうございます。スマホ動画の作例なんかも載せてますので是非ご覧くださいませ。チャンネル登録していただけると嬉しいです。

 

ではまた次回

2200nit超高輝度モニタ Andycine X7がやってきた

こんにちは、三度の飯より新し物好き?のSUMIZOONです。

はじめに

 今回は中国のフィールドモニタを製造販売しているAndycineというメーカー様からご依頼のあったAndycine X7というモニタの話です。このモニタは超高輝度の2200nitのモニタで、ずっと気になっていた製品でした。

 なぜそこまでの高輝度が欲しいかというと、理由はたった一つ。めっちゃ明るい日にカメラの背面液晶では映像が見えないからです。

 特に夏場の炎天下ではカメラの背面液晶なんて全然見えない機種もありますし、そこそこ明るい機種であっても真正面に太陽があった場合なんかは太陽が眩しくて暗い液晶の画面を見るなんてことは至難の業です。(サンシェードとかでごまかしてモニタリングしますけどね。。。)なので超明るいモニタは屋外では必須やなと思う様になりました。

 ちなみに今回紹介するAndycineX7の最大輝度は2200nitで、通常の液晶モニタの4倍以上の明るさがあります。一般に売られているスマホの最大輝度は400~500nitが良い所ですのでこの2200nitが如何に明るいかは想像できるかと思います。

 で、世の中には2000nitを超える明るさのモニタは存在していますが、たとえばフィールドモニタの定番SmallHDの703 UltraBrightはお値段なんと

http://www.camcast.jp/assets/images/small-hd/703-ultrabright/slide/slide1.jpg

393,000円!!

いや、このモニタは2500nitの超高輝度で3DLUT使えたりHDRプレビューできたりベクトルスコープついてたりそりゃもう高機能なんですけど個人でそれこそ趣味で動画撮ってるビデオグラファーでこの値段は無理です。。。(これがフルサイズカメラとかならまだ考える値段だけど)

 なので、輝度が明るければ大した機能はいらないという私の場合、フィールドモニタは中国製の安い高輝度モニタでいいやと思っていました。

Andycine X7商品概要

で今回の商品の概要は以下の通りです。

・7インチのIPSパネル(モニタ解像度は1920x1200pix)

・超高輝度2200nit

LEDバックライト

コントラスト比1200:1

SONY Lバッテリー(NP-F970)による電源供給

4K解像度入力可能

 主な入力解像度は4096x2160 24p / 3840x216030p / 1920x1080 60p

 詳細は↓の写真を参照の事

・重量475g

 

f:id:sumizoon:20190918210215j:plain

取扱説明書のスペック表

 

意外と重いし7インチなのでデカいです。なのでジンバルに付けるというのは少し厳しいですが、一眼動画部のメンバーにはこれをジンバルに搭載している方も居てます。

Andycine X7外観

外観は金属フレームです。ぱっと見プラスチック?と思いきやアルミフレームの様です。というかこのAndycine X7は最大輝度だとかなり熱を持ちますので金属フレームじゃないと放熱できないのではないかなと思います。f:id:sumizoon:20190918210719j:plain

ボタンの類は全て上部に配置されています。三脚穴は左右及び下部のトータル3か所にあります(写真割愛)。

f:id:sumizoon:20190918210659j:plain

バッテリーは前述の様にSONY NP-F970互換を使うのが良いです。バッテリープレートはオプション品を買えば他のバッテリー使うことができるっぽいですが、ここは定番のF970を使うのがコスト的にもベストだと思います。とにかく互換品が安いです。

 それと背面にはスピーカーが付いています。意外とフィールドモニタには付いていない事が多いです。(でも正直不要かな。。。)このスピーカーはONにしっぱなしで撮影をするとカメラのマイクとハウリングを起こすのでマイクの近くにモニタを配置する場合は必ずOFFにして運用した方がいいです。(<ボタンを押し続ければ音声出力はOFFできます。)

f:id:sumizoon:20190918210742j:plain

 で、バッテリーを付けたところです。F970でPic.モードStandard 明るさ50、バックライトMAXの状態で稼働時間は4時間は行けましたが、それ以上どこまで行けるのかは未検証です。最大輝度だとめちゃめちゃ熱くなる割には意外と持つ印象。

f:id:sumizoon:20190918210730j:plain

Andycine X7レビュー動画

で、先ほど公開した動画が下記になります。


コスパ抜群 超高輝度モニタAndycine X7

 おそらくこのモニタはFeelworldのFeelworld FW279と中身は同じものなんじゃないかと推測しています。というかFeelworldのモニタと全く同じインターフェースなのですよね。概ね搭載されている機能とかはこれをご覧いただけたら分かると思います。

使った感想

 機能は最低限あれば良い私にとっては使えるモニタだと思いました。(というか使えると思ったからいつもレビュー受けるんですが)とにかく晴れた日の屋外での撮影では恩恵をめちゃめちゃ感じました。特に昼間の空港撮影では手放せないアイテムとなりました。とにかく明るいので真夏の炎天下でモニタが見えないなんてことは無いです。モニタも高精細ですのでピント確認もかなりやりやすいです。

 ただし、このモニタはとにかく7インチなので大きいんですよね。それはそれでフォーカスが見やすいという利点があるんですが、もうワンサイズ小さいラインナップが欲しい所なんです。とにかく私は超高輝度モニタを気軽にジンバルに載せたいんです。なので、このシリーズの5インチ型が出ないかなと期待しています。

キャンペーンクーポンのお知らせ

メーカーさんのご厚意で今回のレビュー動画公開に合わせてクーポンコードを発行頂きました。なのでクーポンを適用すると29,700円で買えます。アマゾンで買う場合は必ず

ANDYCINEX7

というクーポンコードを入力して購入した方がお得です。購入をされる場合はお使いくださいませ。

メーカーさんからはブログの記事まで書く依頼は受けてなかったですが、せっかくなので書いてみました。ご不明な点があったらTwitterなどで聞いていただければお答えしたいと思います。 

あとF970のバッテリーですが、ウチで使っているのは以前から書いているDSTE製のコレです。なんだかんだで8本持っています。

 

ではまた。

中秋の名月を人を入れて撮る

こんにちは、SUMIZOONです。

今年も昨年に引き続き今年も中秋の名月の季節がやってきたので、お月様を撮ってきました。二回目にしてああ、こうすればよかったと、いろいろ反省点が多かったので備忘録として残しておきたいと思います。


[LUMIX S1] Dance with Nocturne

 撮影したのは↑の映像です。是非Youtubeで4Kでご覧くださいませ。

反省点①機材構成

今年はレンズ一本、カメラ一台という機材構成で、異なる画角のバリエーションは撮らず、撮影に集中しようという作戦で行きました。

使用したのは

LUMIX S1

②マウントアダプターMC-21

SIGMA 150-600mmF5-6.3 コンテンポラリー

で撮ったのがこちら、結果的にはどうにか撮れた感じですが、かなり反省点が多い撮影でした。

そもそもフルサイズで600mm画角ってのは月を大きく映すにはちょっと不向きなのでここはマイクロフォーサーズを予備に忍ばせていけばよかったなと反省。

それとそもそも600mmのレンズは過焦点距離無限遠に設定した際にピントが合う近距離側の範囲)はF22まで絞っても500mもあるんですよね。これがなにを示しているかというと「手前にモデルさん、後ろに月、両方にピントを合わせるためにはモデルさんに合わせるためには500mは離れなければならない

という事になります。

 

仮にマイクロフォーサーズで300mmのレンズを使い、フルサイズ換算600mmで撮影した際の過焦点距離はF11で250mとなります。つまりF11まで絞ってモデルさんとの距離を250mとすれば月もモデルさんも同じピントに入れられる事になります。(計算間違ってたら指摘してください)

※両者とも許容錯乱円径を0.033程度としています。

ボケないと言われるマイクロフォーサーズですが、ここは素直にGH5Sを使うのが良かったのかと思います。(てか二台もっていく体力が無かったのですが)

 今年もう一回チャンスがあるならGH5Sも持参していきたいと思います。

反省点②撮影位置

 この手の撮影をするにはモデルさんを高い位置に立ってもらって下から撮るのが一般だと思います。昨年同様に鳥取砂丘の馬の背でこれを撮ろうという寸法です。

 月は超望遠で撮ってると分かりますが移動速度がめちゃめちゃ速いです。月に人を入れるといっても1分すら狙った構図が維持できません。なので月とモデルさんが重なる様に私がモデルさんに時間とともに近づいていくという撮影スタイルになります。そうすれば自ずと角度を付けて撮る事が可能であり、30分以上の撮影が可能となります。

 で、撮影位置ですが、まずモデルのyokoさんに立っていただいた場所がこちら

 

f:id:sumizoon:20190916101925j:plain

yokoさんの立ち位置から私を撮ってもらった写真

でもって私がカメラを設定した場所がこちら

概ね200メートルオーバーの距離を撮っていますが、欲を言えばもう少し離れたかったのでした。でも「後ろは海。。。」

これ以上離れるのは無理だったのです。前述の過焦点距離とは程遠い。。。。妥協できるピント位置にして撮影をしましたがううむ。。。やっぱりボケとる。。。

 加えて引き尻がないためこの位置で撮影したので、モデルさんが月に比べてだいぶ大きく写ってしまっています。できれば全身が月にすっぽり収まる絵が撮りたかったなと。。。

  なので次回は高低差が撮れて距離が撮れるポイントを探してみたいと思います。

f:id:sumizoon:20190916101604j:plain

動画のサムネイル

https://youtu.be/XgF-7f8iNOI

シグマ SIGMA MOUNT CONVERTER MC-21 CANON EF-L

シグマ SIGMA MOUNT CONVERTER MC-21 CANON EF-L