S1Hのダイナミックレンジは13.8STOP!

Cinema5DがS1Hのダイナミックレンジのテスト結果を発表していました。私もS1Hを使い始めて2週間程ですが、S1Hの記事になるとつい目にとまります。

www.cinema5d.com

 これについては、お友達のトモさん(S1H所有)が分かりやすくソッコーでまとめてくれてツイートしてくれてました。

てなわけで、私もちょっとこの事について書いてみようと思います。

Cinema5Dでのダイナミックレンジ測定について

Cinema5Dではいわゆる反射型ではなく、21f-STOPのチャートの背面から光源を当てる透過型チャートを使用したダイナミックレンジテストをしており、これを標準のダイナミックテストとして位置付けています。詳しくはここ読んでね。チャートの明るい側(の2つめ)がクリップした所からどれだけダーク側の階調がノイズに埋もれずに撮影できるかという視点でレンジを測定しています。

https://www.cinema5d.com/wp-content/uploads/2018/10/Xyla-21.jpg

https://www.cinema5d.com/the-cinema5d-camera-lab-is-back-dynamic-range-tests/

 

S1Hのダイナミックレンジは13.8STOP

で、結果はというと下記の様です。測定はV-Logガンマを使用した際の結果になります。メーカー公称値が14+STOPなのでやや低く出ていますが、大概のメーカーの公称値よりCinema5Dの測定値は低くでる傾向にある様です。

https://www.cinema5d.com/wp-content/uploads/2019/10/Lab-Results-Panny-S1H-1-640x344.jpg

https://www.cinema5d.com/panasonic-s1h-lab-test-dynamic-range-and-rolling-shutter-results/

他のカメラは?

比べないとよくわからんという方は下記を参考に。ちょっと古いデータですが。尚、下表のBMPCCは4Kじゃなくて初代ポケシネのデータになります。

 https://www.cinema5d.com/wp-content/uploads/2018/10/recent-results-640x815.jpg

https://www.cinema5d.com/jp/the-cinema5d-camera-lab-is-back-dynamic-range-tests/

尚、最新のBMPCC6Kもここにテスト結果が乗っていますが表になっていなかったので表に示すと下記の様になります。

BMPCC6K Rec.Format ISO D-Range
SNR=1 SNR=2
Super35mm 6144x3456(16:9) BRAW3:1 25p 400 12.9 11.8
3200 11.3 10

https://www.cinema5d.com/jp/blackmagic-pocket-cinema-camera-6k-lab-test-dynamic-range-latitude-rolling-shutter-more/

ちなみにCinema5Dでは、ある時から1/SNRSNR=1、1/SNR=0.5をSNR=2として記載するようになりました。信号とノイズレベルが同じになるという定義で測定したレンジがSNR=1で信号とノイズレベルが2:1という定義のもとに測定したものがSNR=2となり、後者の測定の仕方が厳しめな測定と言えます。

Cinema5DによるとSNR=2での12.7STOPってのは過去に測定したARRI Alexaの14STOPに次ぐ値との事で非常に高い評価をしている様です。

 

また、実際の感覚を書いておくと、私が併用しているGH5/GH5S/BMPCC4Kよりも明らかにレンジが広がったと感じます。それは数値を見る前から強く感じていたものです。

GH5=10.8/GH5S=11.7(ここの記事からBMPCC4Kは低ISO側で12.7STOPと読める)と比べると2~1STOPの差ですが、明らかにレンジは異なると感じます。意外と1STOPの差というのは人間の感覚としてはかなり大きいのかもしれません。

 

まとめと自論

 以上、ダイナミックレンジに関してでしたが、自論を書かせてもらうなら、実際の映りは当然ながらダイナミックレンジだけで決まるものではありません。カメラの諸性能(色再現やノイズレベルやノイズの形状)などはもとより、そもそも被写体、演者さんや光線状態、撮影者のスキル、はたまた運など多くのファクターで決まるものですし、むしろカメラが映像のクオリティを決める要素は大きくは無いと思います。

  ですが、結構、撮影が難しい(照度が暗いとかレンジが要求される被写体)条件ってのはモロにカメラの性能が出ます。絵にするのが難しいギリギリの条件の時こそレンジの差は目に見えて現れるもので、そういう条件でこそ、「この性能」がより活かされるのかなと思います。私は絵にするのがギリギリの条件でこそ、誰も見たことの新たな映像が撮れると思っちゃっている馬鹿野郎なので、時に、このカメラじゃないと撮れない映像を模索してみるのも楽しいんじゃないかと思う今日この頃です。(まぁそれもカメラの楽しみ方の一つよねぇ)完全にカメラファーストな考え方だなこりゃ。。。

 とりあえず、前回に引き続き、制作中のYoutubeではまだ公開していない、限定公開のS1H作例を貼っておきます。このカメラの実力はまだまだこんなもんじゃないと思っています。


S1H firstlook β Ver. 

 それと、このカメラ、画質(とその大きさ^^;)に注目が集まっていますが、このカメラの神髄は画質と共にその機能美にあると思います。少し使い込んでいるうちにそれが分かってきました。それについては後日書こうと思います。すごい考え抜かれたカメラだという事に使い込む程に気づきます。まだまだ浅いわワシ。。。

f:id:sumizoon:20191029230317j:plain

そんなマニアックな部分については、おいおい書いていきたいと思います。

S1HがNetflixの認定カメラとなった

先週の事になりますが、LUMIX S1Hがミラーレス初のNetflix認定を受けたという下記ニュースが流れてきました。

f:id:sumizoon:20191028194552j:plain

これについて少し書こうと思います。

 

japanese.engadget.com

Netflixのパートナーヘルプセンターの記述には下記の記載があります。2019.10.27現在は下記ページでのS1Hの掲載はありません。

partnerhelp.netflixstudios.com

Netflix(の為につくられる作品だと思われる)は

最終的な完パケの総尺に対して、90%以上は認定カメラで収録されている必要があります。

以前とあるカメラがNetflixの認定を受けたというニュースを見たときに「へぇ、そんな規定があるんや。。。」と思ったものです。と同時に、どんなカメラがその認定を受けているのか?と興味を持ちました。

カメラの収録要件

Netflix収録要件を見てみると下記があります。もちろんこれはあくまで収録要件ですので、Netflix認定をうけるための要件とは別になると思いますが、すくなくとも下記の条件から4K解像度とALL-Iフレーム撮影が必須になると思われます。

おそらく認定を受けるためには色再現やS/Nやレンジなど多岐にわたる項目があるはずですが、調べましたが一般には公開されていない様です。だれか知っていたら教えてください。

解像度要件:

  • 真の4K UHDセンサー (3840ピクセル幅以上のフォトサイト) がカメラに搭載されていること。引用元

→つまり、映画やCM撮影の定番のSuper35mmのARRI Alexaは3K解像度の為認定を受けていないのはそのためで現に35mm判(フルサイズフォーマット)のLFシリーズと巨大センサを積んだALEXA65のみが認定を受けています。つまりアップコンの4Kはダメよという事ですね。

収録要件:

  • 収録形式
    • RAW(ソニーRAW、REDCODE、Arrirawなど)
    • 圧縮(XAVC、AVC-Intra、ProRes、その他I-Frame対応フォーマット)
    • 16ビットリニアまたは10ビットログ形式以上
    • 23.98fpsで240 Mbps以上のビットレート
  • 収録変換関数
    • S-Log3, Log-C, V-Log, Log3G10等

  • 収録カラースペース
    • S-Gamut3.cine, RED Wide Gamut RGB, Alexa Wide Gamut等
  • ルックやカラー補正をオリジナルカメラファイルに焼き込まないこと。
  • ファイルは、すべてのメタデータ ( テープ名、タイムコード、フレームレート、ISO、WB等) を維持していること。

引用元

→これを読むと少なくとも圧縮コーデックは基本はイントラコーデックであることが必要だと伺えます。XAVCもLongGOPあったような気もしますが、I-Frame収録が必要っぽいですね。

認定を受けているのはガチシネマカメラばかり

まぁ、これも以下のリンクを覗いてもらったら一目瞭然ですが、ガチのカメラばかりです。というかどれも劇場作品を撮るためのガチシネマカメラです。

partnerhelp.netflixstudios.com

ARRI

https://partnerhelp.netflixstudios.com/hc/article_attachments/360047973534/001_ArriApproved_20191010_01.png

partnerhelp.netflixstudios.com

前述の様にARRIはSuper35mmのAlexaは認定を受けていません。

CANON

キャノンはCinema RAW Lightを採用しているC200シリーズは認定を受けていないようです。

https://partnerhelp.netflixstudios.com/hc/article_attachments/360003974407/002_CanonApproved_20180830_05.png

partnerhelp.netflixstudios.com

Panasonic

EVA1以外は全てガチシネマカメラとスタカメです。EVA1はイントラコーデックでRAWじゃなくてもOKの扱いぽいですね。

https://partnerhelp.netflixstudios.com/hc/article_attachments/360031874053/Panasonic_20190401_01a.png

partnerhelp.netflixstudios.com

SONY

こちらもFS7シリーズ以外はガチのシネマカメラです。HDC4300とZ450は放送用のカメラなはずですね。それとFS5シリーズは認定を受けていない様です。こちらも基本はRAWもしくはXAVC(イントラコーデック)での撮影が必要との事

https://partnerhelp.netflixstudios.com/hc/article_attachments/360003232347/005_sonyApproved_201820703_01.png

partnerhelp.netflixstudios.com

BMD

BMPCCシリーズは認定を受けていませんが、今後BMPCC6Kが認定を受けるのか?それとも、既に審査を受けたけど落ちたのか?は不明です。現状はCinemaDNGのみ認定を受けているのでBRAWでの収録は不可って事ですかね。

https://partnerhelp.netflixstudios.com/hc/article_attachments/360002775827/006_BlackmagicApproved_20180523_01.png

partnerhelp.netflixstudios.com

まとめ

 Blackmagic DesignのURSAシリーズとパナソニックAU-EVA1以外はとても個人(業者が)所有できる様な代物ではないです。というかそもそもレンタルで運用するカメラですわな。。。まぁURSAもEVA1も個人所有するカメラじゃないですが、世の中これらを個人所有しているマニアックな人もいます。

 そこへ来てミラーレスカメラのS1Hの認定がNetflixからされたというのはある意味画期的な出来事だと言えます。

 このカメラだけで作品を作ってもFetflixの作品として成り立つという事になります。これって例えればF1レースにSuperGTを参戦させて、オフィシャルから一緒にレースしてもいいよと言われている様なものかもしれません。(例えがおかしいか...)

 とにかくガチのシネマカメラの映像と並べても遜色無いという事はあのNetflixが認めているので、間違いのない事実だと言えます。

f:id:sumizoon:20191028162250j:plain

ウチで一番異彩を放つS1H

てなわけで現在撮っているデモリール的な映像の一部をブログのみでシェアしたいと思います。ここんところ週末が全く時間がなくて、一般公開する様な映像が全然撮れてないんですよねぇ。。。


S1H

週末毎に持ち出して色々撮って見たいと思います。

ではまた~

 

※本ブログについて

本ブログは思い付きで更新していってますのでたまに覗いてください。

sumizoon.hatenablog.com

一応名ばかりの部長?をしている一眼動画部も是非

www.facebook.com

メンバーは間もなく1300人を突破予定です。オンラインセミナーとかと違ってユルくて金のかからない情報交換の場をモットーとしておりますのでお気軽にどうぞ。

 

 

ソニーから有機センサの学会発表(12/10)

少し前になりますが、マニアックな人なら読んでいるであろう?Image Sensor Worldにちょっと気になる記事があったのでその事について。

image-sensors-world.blogspot.com 

 これIEDMという由緒ある材料系の国際学会のプログラムの内容が公開されたという話で、その中でSONYの発表について記載されているものになります。その中でSONYの発表についての記載がされていますが、

この記事でおお?っと思った点が

①1/2インチの48M 0.8umクアッドベイヤを使った全画素位相差AF

 こちらはコンベンショナルシリコンデバイスの発表。1LUXという超低照度でのAFが可能というもの。おそらく単画素でAFを行うのではなく複数画素を組み合わせて低照度に対応するといった内容でしょうか?

 

有機光電膜を使った2um画素3層積層型イメージセンサ

 ベイヤ特有デモザイクによる偽色問題が無い3層積層型センサ。2um画素ピッチ。積層型によるグリーンチャンネルの吸収スペクトルの改善を実証した。という内容。

 いわゆるフォビオンセンサの構造を有機センサにしたような構造っぽいですね。

ソニー有機センサーの研究を行っているというのはどっかの記事で目にしたことはあるのですが、公に学会発表されるというのはこれが初ではないかと思われます。

 とは言え、これがどのレベルの発表なのかは不明です。なんとなく基礎研究段階の発表の様な気もします。

 そもそも特許も学会も発表されると製品化まで間近!とデジカメInfo等で書き込まれる方を散見しますが、私は実際はそうでもないイメージを持っています。特許系の噂サイト見ていると、むしろ製品にならなかった発表の方が多い様な。。。。とにかく内容は気になります。

f:id:sumizoon:20191028204952j:plain

写真はイメージです。

 

プログラムによればオーラル発表は2019年の12月10日の午前との事

ではでは~